「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」というダイアログが表示されたら

「プロパティの損失」について

「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」

「ファイル○○は、新しい場所へコピーできないプロパティを持っています。」

Windows7パソコンに保存してあるデータをUSBフラッシュメモリーや外付けハードディスクなどにコピーしようとすると、「プロパティの損失」というタイトルでこんなダイアログが表示されることがあります。

コピー元HDDのフォーマット形式とコピー先のフォーマット違いによって、システムファイルがコピーされないことへの警告です。 メッセージの下には「はい」「スキップ」「キャンセル」のボタンが表示されます。

TOPに戻る

「はい」を選んでプロパティを含めずにコピーすると…

「プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?」に対して「はい」をクリックすると、Windowsパソコン本体とUSBフラッシュメモリーや外付けハードディスクのフォーマットの違いによって、システムファイルがコピーされません。

コピー元のNTFSフォーマットのドライブ内でしか保持できないプロパティ情報がコピー先のXFSなどのフォーマット内で保持できないためです。

プロパティを含めずにこのファイルをコピーしますか?


コピー先のファイルのプロパティを開くと「概要」タブがありません。一部の情報が欠落してコピーされたことが分かります。
この問題を解決するには、コピー先もNTFSフォーマットにします。

 PR  PR

[ 2014年2月1日:更新 ]


CATEGORY





ABOUT THIS SITE

このサイト『book28』では、Windows・Mac OS・iOSアプリなどを検索キーワードを元に、TIPS・FAQ・裏技などの情報を不定期に紹介しています。