iOSの日本語入力を使いやすくする方法

iOSの日本語入力のイライラを解消する

iPhone、iPad、iPodtouchなどiOSの日本語入力のヒドさには閉口するばかり。

iOSも7.1になって日本語入力のイライラも少しは解消されるかと期待しましたが、相変わらずです。ここでは、そんなiOSの日本語入力の不満を少しでも解消する方法を紹介します。

キーボードの設定を見直す

iOSの日本語入力を使いやすくするには、まず利用するキーボードの種類を絞り込みます。iOSには「日本語かな」「日本語ローマ字」「英語」「絵文字」の4種類のキーボードがありますが、「日本語かな」と「日本語ローマ字」の両方を切り替えながら使用する人はあまりいないと思います。「絵文字」も使用頻度が低いのではないでしょか。

iOSの文字入力はキーボードの地球マークをタップするたびに切り替わるしくみなので、初期設定のままだと目的のキーボードを選ぶのに何度もタップしなければなりません。

おもいきって「日本語ローマ字」「英語」のように2つに絞り込んでしまいます。まったく使わないキーボードが表示されないだけでもだいぶ使いやすくなります。

設定方法は「設定」アイコンから「一般」→「キーボード」→「キーボード 4(数字は登録されているキーボードの数)」と進みます。初期設定で選択されている4つの入力方法が表示されるので、右上の「編集」ボタンをタップして使わないキーボード(ここでは「日本語かな」と「絵文字」)を削除します。

また使いたくなったら「新しいキーボードを追加…」ボタンから復活できます。

使わないキーボードを削除します

ユーザ辞書を活用する

次にユーザ辞書を活用します。固有名詞や使用頻度が高いことばを辞書登録しておくと日本語入力の効率がグッとあがります。

登録方法は、「設定」→「一般」→「キーボード」と進みます。「ユーザ辞書」の項目にある「新規単語を追加…」ボタンから単語登録を行います。

新規単語を追加

単語 東京都千代田区永田町1-7-1
よみ じゅうしょ

などと登録します。このように登録すると、例えば「じゅうしょ」と入力して実際の住所が候補として表示されるので便利なのですが、本当に「住所」と入力したいときに邪魔になったり、「じゅうしょろく」と入力して「東京都千代田区永田町1-7-1六」や「東京都千代田区永田町1-7-16」などと表示されては、かえって混乱してしまいます。

そんなとき単語に「ん」を付けて単語登録すると更に便利に使うことができます。


単語 東京都千代田区永田町1-7-1
よみ んじゅうしょ

このように登録すれば、「住所」と変換したい時には「じゅうしょ」と入力し、実際の住所に変換したい時には「んじゅうしょ」と入力すれば必要な変換結果を得ることができます。

「ん」で始まる日本語はないのでこの方法だと誤変換もありません。

 PR  PR


更新日:2014年4月6日


CATEGORY





ABOUT THIS SITE

このサイト『book28』では、Windows・Mac OS・iOSアプリなどを検索キーワードを元に、TIPS・FAQ・裏技などの情報を不定期に紹介しています。